2012.02.03 21:18|原発
年末のNHK番組「真相追跡ファイル“低線量被曝揺らぐ国際基準”」は、国民のICRPへの幻想を砕いてしまった。私たちには、心のどこかで”ICRPを信頼して安心していたい”気持ちがあった。その気持ちを打ち砕かれてしまった。

そこで、再度ICRP勧告を考えたい。
ICRP勧告は、何度読んでも頭にスーッと入らない。原発事故で想定されるあらゆるケースを検討しているため、わかりにくくなっているようだ。そこで、解かりやすいと思われる東大病院放射線科中川恵一さんのコメントを利用させていただいて、まとめてみたい。

ICRP重要な勧告は2つ。
「緊急時被曝状況における放射線防護に関する委員会勧告」ICRP109号
「原子力事故もしくは緊急時放射線被曝後の長期汚染地域住民の防護に関する委員会勧告」ICRP111号
一言で纏めると、
①平時は、     1mSv/y 
②事故発生時(3月4月の福島)20~100 mSv/y(出来る限り低く)
③事故収束後(現在の福島) 1~20 mSv/y(出来る限り低く)・・1mSv/yを目標

中川先生は、ICRPを理解するポイントを、3点挙げている。第1点は②から③への移行する時期と対応だ。福島事故でも、原子炉のコントロールが出来ないで、長時間経過してしまった。この時間の経過とストレスなどをしっかり考慮して対応を決めていく必要があるとしている。第2点は、被曝量は個人の行動(生活習慣、食習慣、避難方法)で決まってくる。したがって、個人線量の把握が不可欠としている。第3点が最も肝心な点で、防護方策の最適化と正当化が大事としている。最適化とは、被曝がもたらす不利益と関連する経済的・社会的要素(避難生活・収入・仕事・生きがい・誇り)のバランスにより適切な放射線防護の方策が決められるというもの。防護方策の正当化とは、防護方策は、住民に不便の強要をすることになるので、住民に、その根拠を示し理解を得ることが必要であるというもの。
それには、重要な情報はすべて関係者に提供され、意思決定プロセスは第3者に確認できることが大切だとしている。ここが、福島事故対策にあたる政府には徹底的に欠落していると言える。
ICRPは、地域住民とそれ以外の国民の意見の共有と連帯が大事だとしている。日本的に表現するとすれば“絆”が大切と言うことになるのだろうか。

これとは別に、放射能の人体影響について、1月26日中日新聞にやはり東大の細谷紀子さんの発言が掲載されていた。“放射能本当のことを知りたい。線量だけで影響測れぬ”の記事。
「放射線は、年齢によって感受性に違いがある。影響は線量だけでは説明できない。環境因子プラス個人の遺伝的背景それらが総合的に作用するのです。
疫学的にがんが増えるとわかっているのは、100 mSv以上の線量だ。ただ、DNAの損傷は少ない線量でも起きる。100 mSv より下の線量は絶対に安全とは言えないし、絶対危険でもない。」
細谷さんは、“リスクを許容できるレベルは人によって違う”と言っている。と言うことは、ICRPのようにケースによって線を引くことに無理があるのか。

結局、自分の身は自分で守るしかない。命てんでんこだ。
FC2 Management

テーマ:原発・放射線量
ジャンル:学問・文化・芸術

tag:ICRP勧告 中川恵一 中日新聞 細谷紀子 防護方策の最適化 正当化

06 | 2014/07 | 08
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

プロフィール

Author:そらみさん
リタイアした団塊。リタイアしたら世の中いろいろなことが起こった。大震災、経済危機どれも余生を暗くすることばかり。なんとか、少なくなった余生を明るく暮らしたい。ブログで愚痴を言えばストレスが解消し、明るくなるか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

この記事にリンクを貼る

タグ

木曽川導水路 守秘義務 パレスチナ 小保方 STAP論文 合いの子 貧困徴兵制 マレーシア航空機 東京オリンピック ガレキ撤去作業 胆管がん 安井至 集団的自衛権 伊勢湾台風 FCV 受動喫煙 石原環境大臣 中1ギャップ 細胞の初期化 STAP細胞 J-ADNI 大学職員 間引き 棄老 ディオバン JADNI 五木寛之 認知症 松本サリン 武田薬品 病死と不審死 道州制 日本再生ビジョン 成長戦略 認知症不明者 所在不明児 浜矩子 電磁波 残業代ゼロ ビッグデータ 浜通り 廃炉産業 志布志選挙違反 冤罪 小保方晴子 STAP現象 ノバルティス すき家 ブラックバイト リニア残土処理 山階鳥類研究所 限定正社員 JESCO PCB 厚木騒音訴訟 パブリックコメント 過労死等防止推進法 スマホ フェロシルト RDF ドライベント 吉田調書 徴兵制度 中国語 安保法制懇談会 美味しんぼ 公務災害 立花隆 ギャンブル 鳥インフルエンザ 引きこもり CIA 無人機 円空 リニア もんじゅ 六ヶ所村 核燃料サイクル 直接処分 小平道路 相生山緑地道路 学術検証委員会 相生山緑地 台湾原発 原発ゼロ アセス評価書 がん診断 産業競争力会議 インフレーション理論 ビッグバン 与那国島 避難解除準備 個人線量 空間線量 武雄市 花まる学習会 笹井芳樹 若山教授 ネイチャー論文 エネルギー基本計画 日米原子力協定 六ヶ所村再処理工場 STAP疑惑 丹羽仁史 名古屋城 移行係数 三菱マテリアル 理研 特定国立研究開発法人 知事意見 リニアアセス 岐阜羽島衛生組合 国土のグランドデザイン 福島第一 ウソうだん室 バカンティ教授 大阪市長選挙 橋下徹 原発輸出 特定秘密保護法 辺野古 現場のストレス 簡易アセス 辺野古移設 児島湾干拓 瀬戸内海環境保全臨時措置法 風力発電 大英帝国 万博アセス 個人線量計 原科幸彦 諫早干拓 開聞差し止め 慶長地震 伊豆小笠原海溝 名古屋都市高速アセス 大深度地下 リニア準備書説明会 水俣条約 田村市除染結果 南海トラフ地震 武雄市図書館 山本太郎 田中正造 住民投票 小平道路アセス オスプレイ JR北海道不祥事 JR北海道 日米首脳電話会談 リニア準備書 国民投票法 土砂災害警戒情報 避難勧告 解雇特区 特別警報 新聞週間 限定社員 斉藤環 カミオカンデ 小柴昌俊 古市憲寿 GKB宣言 ヒッグス粒子 IAEA福井県覚書 仮のまち 解雇特区と試職 汚染水漏水 消費税8% チャレンジ特区 堺市長選挙 日曜に想う 広瀬東電社長 沖大幹 管理目標値 カネミ油症事件 半沢直樹 原発現場力 廃炉要請 汚染水コントロール 東電フェロー シリア化学兵器廃棄 健康寿命 オリンピック招致 IOC総会 東京五輪 移民開国 ALPS 凍土遮水壁 飲酒運転 BPSDガイドライン キャメロン首相 汚染水漏れ 産業医大 自治医大 ロドデノール 森元首相 東京五輪招致委員会 統合失調症 食品ロス 内視鏡検査 遺棄化学兵器 藻谷浩介 給食アレルギー 鷲田清一 原子力規制委員会 明和 高校野球愛知県大会 名電 リニア新幹線 いじめ自殺 名古屋 原発再稼働 アベノミクス 普天間飛行場 被ばく管理 トリチウム プルサーマル 共産党 世界文化遺産 富士山 心の病 中禅寺湖漁協 子宮頸ガンワクチン キャッチアンドリリース 子宮頸がんワクチン 水野靖久参事官 浜岡原発再稼働 風力発電アセス ボイラタービン技術者 DJポリス 虚偽調書 大阪府警堺署 渋谷スクランブル交差点 三木谷浩史 地下水セシウム分析 MCI 軽度認知障害 NPT 原子力協定 50%ルール 小平住民投票 固定価格買い取り制度 FIT 直接請求 小平市住民投票 小平都市計画道路3・2・8号線 小林正則市長 放射性物資漏れ 日本原子力研究開発機構 原電敦賀原発 エネルギー安全保障 解雇補償金 佐藤文隆 暗黒エネルギー 暗黒物質 高市早苗 村山談話 北朝鮮訪問 朝鮮総連中央本部 飯島勲 科学技術イノベーション会議 平野俊夫 小平都市計画道路 原子力研究機構 自民党公約 憲法96条 海江田万里 環境権 環境文明21 朝鮮通信使 きよめ餅 池内猪高線 円安 川口順子 国土強靭化 ハフィントンポスト 温暖化対策 石炭火力発電所 蛭間芳樹 日本政策投資銀行 待機児童 認可保育所 憲法記念日 非常用復水器 エピペン アレルギー アナフィラキシー ミャンマー マラリア 米韓原子力協定 立憲主義 石炭火力アセス 核不拡散条約 ピュリッツァー賞 Twitter 延命措置 19兆円の請求書 ゆとり教育 保育案内人 憲法改正 H7N9ウィルス 最高裁判決 水俣病認定 余命別選挙 OIE 緊急地震速報 朝日新聞社 ニッポン前へ委員会 萱野稔人 田中原子力規制委員長 新規制基準 活断層 上海 無機起源説 有機起源説 教科書 ネット選挙 川上量生 ドワンゴ 新安全基準 再処理工場 リサイクル燃料貯蔵株式会社 安全設計指針 1・2ジクロロプロパン ジクロロメタン 低周波騒音 発送電分離 浪江原発 トレンチ調査 立川断層帯 佐藤比呂志 イボニシ 国立環境研究所 環境ホルモン 環境アセスメント 再生可能エネルギー アルプス レアアース マンガンクラスト 沖ノ鳥島 南鳥島 教育格差 クラウン 核燃料再処理 核拡散 早期離職率 ベータアミロイド アルツハイマー 憲法改正発議 労働契約法 JOGMEC メタンハイドレード 発達障害 障害者手帳 観測局 PM2.5 震災関連死 ゴミ非常事態宣言 公職選挙法 MOOC MIT ハーバード大学 代表質問 大畠代表代行 中国大気汚染 武器輸出3原則 広汎性発達障害 アスペルガー症候群 発達障害者 地域生活定着支援センター 原子力規制庁審議官 原電 裁判員裁判 オルキルト島 フィンランド がん村 オバマ大統領 僧侶見習い 真言宗 空海 隕石 東通原発活断層 諫早会議 開門 藤前干潟アセスメント G20金融会議 金融緩和 規制緩和 小惑星 体罰 桜宮高校 懲戒免職 シノペック 中国の大気汚染 使用済み核燃料 石原知事 ディーゼル車NO作戦 地域防災計画 特別自治市 江口忍 リニア・インパクト 共立総研 東海州 除去食 傾斜回転床炉 鮫川村 九州大学大気微粒子飛来システム ロスアンジェルス 児童相談所 児童虐待 子供虐待対応の手引き 名古屋市児相 緊急介入班 規制庁審議官更迭 微小粒子状物質 北京の大気汚染 共立総合研究所 仮の町 帰宅困難地域 迷惑料 大津市長 学区自治連 高田寺 千光寺 国立博物館 正岡子規 子規庵 デフレ 自殺率 自殺対策大綱 物価目標 アルジェリア 危機管理 事業仕分け 民主党 デフレ脱却 HMT ホルムアルデヒド 全町避難 安保闘争 日本の夜と霧 大島渚 飯館村 帰村 廃止計画アセスメント 復興予算 特定安全施設 石綿汚染 WHO安全基準 福島環境再生事務所 重点区域 日米同盟 安倍政権 末端被ばく 手足放射線暴露 手抜き除染 小選挙区比例代表並立制 2大政党制 風知草 鈴木孝夫 業務上過失致死傷罪 死刑囚 死刑執行命令 谷垣禎一 NHK紅白歌合戦 丸山明宏 ヨイトマケの唄 島崎邦彦 東通原発 安部晋三 東北列藩同盟 東アジア 青瓦台 ハンナラ党 朴クネ 朴大統領 徳島県条例 中央構造線活断層帯 建築規制 耐震設計審査指針 六ヶ所村核燃料サイクル 大陸棚外縁断層 死票率 韓国大統領選挙 コミュニティカフェ 総選挙 第3極 放射線 リセット願望 JNES CSAjapan 放射性物質拡散予測 破砕帯 原子力等規制法 敦賀原発 日本原電 浦底断層 期日前投票 投票率 田中俊一 セブンイレブン 絶対領域 SNS アスベスト裁判 建設石綿被害 アスベスト訴訟 濃尾地震 尿素SCRシステム シャシダイナモ 東京都環境科学研究所 無効化機能 自動車排ガス専門委員会 無能化機能 国民皆保険 田中博 がんの練習帳 地域包括ケア 介護保険 デジタル医療 地域医療連携ネットワーク 未来 維新 原子力災害対策指針 UPZ PAZ 海洋温度差発電 波力発電 潮力発電 バイオミメティックス サイエンスゼロ 福島がんリスク 白血病 アレバ サンビュルバ保管施設 ブレニウス原発 サルコジ オランド フランスエネルギー施策 李明博 盧泰愚 CASjapan 原子力安全基盤機構 議事録 福島県県民健康管理調査 ホールボディカウンター 師勝町 仁昌寺 近隣トラブル ケースワーカー 半田市 生活保護 耐震安全性審査 クローズアップ現代 老化 ぎんさんの娘 長寿 拡散予測図 CSAジャパン クリスアンダーソン メイカーズ オープンハードウェア クライマーズハイ 日経春秋 非核3原則 核持ち込み 原子力安全機構 拡散予測 九州電力 アスペルガー LD ADHD 鳥居新平 アレルギー喘息 公害健康被害補償法 乳酸菌L92 耕論 大槌新聞 高田由貴子 TMI事故 核の傘 北九州市 がれき広域処理 記者有論 北名古屋市歴史民俗資料館 回想法 顔出し看板 日本脳炎ワクチン 厚労省小委員会 副作用 ナショナリズム 支那 石原慎太郎 ポピュリズム 急性脳炎 日本脳炎予防接種 龍ヶ崎市歴史民俗資料館 龍ヶ崎市回想法センター 赤嶺愛子 五所川原市 オレンジプラン 地域回想法 遠藤英俊 SEA ゼロオプション DAT 計画環境アセス 東海地震警戒宣言 大規模地震対策特別措置法 藤垣裕子 高リスク検討会 安全宣言 イタリア中部地震 日本地震学会 合併浄化槽 会計検査院 岐阜県医師会 地震予測 行動計画案 平田クリニック 国立感染症研究所 超伝導磁気浮上式 大深度法 週刊金曜日 避難者 受給モラル セーフティネット あいりん地区 西成区特区構想 暫定承認 森口尚史 iPS細胞 世田谷区野沢 警視 近隣トラブル殺人 新自由主義 エントロピー学会 教養学部 共同管理 維新の会 ICJ リスキーシフト 矢内原忠雄 池上彰 フルMOX原発 大間原発 村八分 ソーシャルキャピタル シーテック MITメディアラボ 需給ギャップ 伊藤穣一 暫定保管 日本学術会議 安全学 村上陽一郎 リスク 核の平和利用 東電の撤退方針 アイゼンハワー ビキニ環礁 核の軍事利用 樺美智子 大江健三郎 毛沢東 広島ノート 沖縄ノート 重藤文夫 明日への言葉 ラブレー 大江光 伊丹十三 松山東中学 渡辺一夫 CYP 1.2ジクロロプロパン あとむ製薬 ピカドン 原子力の平和利用 鉄腕アトム エネルギー環境戦略 ウェスティングハウス GE 名進研 平針里山 明和地所 国立景観訴訟 サンフランシスコ講和条約 御厨貴 9.11同時多発テロ 山本美香 アフガン女性 東日本大震災復興構想会議 伊藤元重 地域委員会 日本維新の会 労働者健康福祉機構 心の電話相談 雇用の流動化 いきいき支援センター 認知症対策5ヵ年計画 ITER 原子力機構 核融合 プルサーマル計画 学術会議 結党宣言 維新八策 問題行動調査 小中高生の自殺 集団移転 イチローカワチ教授 ジニ係数 関西州 橋下市長 NK細胞 免疫活性 堺市 大阪維新の会 八代勝美 原発利権 松谷満 大阪府自治制度研究会 政令指定都市市長会 茶の心 有馬頼底 BKB宣言 自殺者数 自殺総合対策大綱 足立区 聞慶 豊臣秀吉 千利休 加藤清正 真野響子 ソウル市長 朴元淳 古川元久 意見聴取会 討論型世論調査 景福宮 朝鮮王朝 マッカーサー 西成区長臣永 観光 朴正煕 盧武鉉 金大中 全斗煥 国立海洋遺物展示館 新安郡 新安沈没船 木浦 韓国茶 草衣禅師 ソウル 韓流ブーム 清渓川復元事業 李明博大統領 高麗大学 清渓川 清渓川復元 韓国 ラムサール条約 ムアン干潟 セマングム干拓 世界5大干潟 北朝鮮 軍隊 南大門市場 光復節 独島 朝鮮戦争 竹島 有害物質 指定物質 産廃処理委託基準 ヘキサメチレンテトラミン(HMT)水質汚濁防止法 国際競争 健康被害 国の責任 社会疫学 ロゼト イチロー・カワチ教授 終戦記念日 若鷲の歌 予科練 電力会社社員 市民感覚 裁判官 西成公募区長 種まきジャーナル 大阪都 那珂川町長 臣永正廣 特別区 特別区設置協定書 公募区長 西成区長 区長公選制 大阪地裁 坪内稔典 松本紹圭 交通事故 職員基本条例 大都市地域特別区設置法 WTCビル 発達障害者判決 障害者総合福祉法 障害福祉サービス 意見交換会 サンヨーCYP 校正印刷会社 労災認定 ストロンチウム 大気圏内核実験 中京都構想 経済3団体 地域包括支援センター 実行機能障害 東日本大震災 1,2ジクロロプロパン 被災地 地域コミュニティー 畑中洋太郎 政府事故調 東山動植物園 也有園 岩崎公弥子 東山再生計画 楽隠居のすすめ 低周波騒音規制 低周波音症候群 エコキュート facebook 山田恭輔 ソーシャルメディア 利根川 不服申立て 児童障害者相談センター 一時保護 博報堂 意向調査 エネルギー聴取会 NHKスペシャル 香山リカ 国会事故調査 黒川清 政府事故調査 労働局 時効 都市州 校正印刷 小宮山大臣 化学繊維工場 トリアセテート繊維 弁護士 日隅一雄 保安院審議官 計画的避難区域 居住制限区域 帰宅困難区域 損害賠償 高速増殖炉 再処理 MOX燃料 原子力規制委員会設置法 エネルギー・環境会議 新潟水俣病 天草諸島 胎児性水俣病 1.2ジクロロプロパン 高橋真理子 復旧期 ECRR 緊急事態期 セカンドイベント 1,2ジクロロプロパン 横光克彦 住民健康調査 水俣病特別措置法 労働安全衛生法 衛生委員会 四日市公害 石油化学コンビナート 石原産業 高速増殖炉もんじゅ 公開民主独立 原子力基本法 ノーリターンルール 行田浄水場 ヘキサメチレンテトラミン 知多 田原 焼却炉 高齢者 予防事業 日産自動車リーフ トヨタプリウス 地球の寒冷化 電気自動車 不知火海 首相の指示権 五十嵐敬喜 西川知事 大阪 熊本大学 浜岡原発 防波壁 核燃料 原子力災害対策特別措置法 TMI 原子力学科 廃炉技術 入試難易度 群栄化学工業 群馬県 警戒宣言 地震予知連絡会 南海地震 東南海地震 浦安市長 プレート境界 鷺谷教授 佐藤栄佐久 河野太郎 上田公子 脱原発をめざす首長会議 野田佳彦首相 西川一誠知事 橋本治 リタイア 失業率 格差社会 太地町 国立水俣病総合センター 水銀濃度 防爆構造 DOWAハイテック 佐藤工業 1.2ジクロロメタン 維新政治塾 橋下徹市長 情報公開 民主主義 原発本 宮台真司 クライシス 飯田哲也 烏川 幻冬舎 クライシスコミュニケーション 王貞治 宇宙開発 JAXA 墨田区 金環日食 スカイツリー 東京都 岩手県 トリハロメタン 田口茂 鳥川 定年 慶応大学 中京都 中野不二男 橋本徹 原発推進 電力見通し パネルデータ設計解析センター 幸福度 仮設焼却炉 石巻 仙台市 復興利権 西沢俊夫社長 東電総合特別事業計画 柏崎刈羽原発 広瀬直己社長 高濃縮ウラン 東三河広域協議会 豊橋市長 高橋源一郎 船中八策 石油依存 原発依存率 オイルショック 川内優輝 マラソン 藤原新 委託指名業者 電力会社 水素爆発 東電撤退 人為ミス 冷却装置 上遠恵子 DDT 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR